7/29は名古屋「得三」にてryochestraのライブでギターを弾きます。

7/29は名古屋今池の得三のryochestraのライブでギターを弾きます。
ryochestraのリーダーである小埜涼子ちゃんとは年に数回RYORDERというDUOでライブをやったり、NEXT ORDERの関西ギタリスト清野拓巳さんもジョイントしてTRIOでライブをやったりしてます。
なのですが、この日はryochestraのバンドサウンドにギターで参加します。
自分も楽しみです。
是非おこしください。

<–スポンサード リンク–>

 

小埜涼子ちゃんは過去にはNEXT ORDERにゲスト参加もしてもらった超強力なサックスプレイヤーで、RYORDERではフルートも演奏してくれます。いくつかの動画リンクを紹介させてもらいます。
RYORDER ナイロン弦ギターとフルートバージョン
11251059_1578484882413860_488095159898778403_n

 

RYORDER エレキギターとサックスバージョン
MUTOONO

 

また小埜涼子ちゃんの参加している超絶DUOユニット「SAX RUINS」の2枚目のアルバム発売記念ライブでもゲストとしてギターを弾かせてもらいました。

 

SAX RUINSのアルバムリンクはこちら


小埜涼子ちゃんのSOLOアルバムリンクはこちら

 

どれも凄まじいアルバムです。是非チェックしてください!

 

 

 

というわけでここからはライブのお知らせです。

ryochestra

白木佐也加 (vo)
松田大二郎 (vo)
臼井康浩 (g)
武藤祐志(g)
石垣篤友(b)
粟野昌良 (ds)
小野浩輝(toys)
小埜涼子 (key,庶務)

「One Month Festival」
得三
7/29(水)
adv/door ¥2300/¥2500
open/start 18:00/19:00

出演
ryorchestra
Mad tapes erase group
THE PYRAMID

<–スポンサード リンク–>

ライブやレコーディングに使用したギターアンプ達

ライブやレコーディングに使用したアンプを少しずつ紹介していきます。
そのいくつかは生産終了品で現在は入手不可能なのですが、中古楽器として時々流通しています。

<–スポンサード リンク–>

まずはMUSICMANの真空管アンプです。

IMG_0828

NEXT ORDERの夏のライブレコーディングツアー中に立ち寄ったリハーサルスタジオに置いてあったものを、お店の了承をもらってリハーサルで使ってみたところ即ゲットしたくなり。。。
お店にお願いしたら実は個人所有のもので、その持ち主にお願いしたのですが、売却は無理とのことでした。

調べたら1970年代の製品で年に一台オークションに出品されるかされないかという激レアなものでした。
そりゃ売りたくないわなー。

そのレコーディングツアー中はPOLYTONEのトランジスタアンプでのレコーディングだったのですが、一度MUSICMANの真空管の感覚を体感できたため、かなりその体験が役立ちました。
その音圧感や太さの感覚をカラダで覚えていたので、POLYTONEである程度近いところまで持っていく事ができました。
そのレコーディングツアーで録音されたのが以下の2枚組アルバムです。

NEXT ORDER 5thアルバム「LIVE-INTENSIFIED」
このアルバムはアメリカのギターフュージョンチャートで発売即1位になり、そのおかげで過去のアルバムも一気にチャートの上位を独占したNEXT ORDERの代表作の一つです。

INTENSI

そして前作から2年、MUSICMANのアンプを入手しレコーディングしたアルバムが以下のアルバムです。
NEXT ORDER 6thアルバム「THE END OF THE BEGINNING」

THE END

こちらのアルバムはディスクユニオンをはじめ多くの国内レコード店で強力なプッシュを得て、さらなる飛躍をNEXT ORDERにもたらしました。
ディスクユニオンでは、日本を代表するテクニカルインストバンドとのキャッチフレーズでスペシャルプロモーションページもつくっていただきました。感謝!!!
ディスクユニオンのNEXT ORDERプロモーションページ

ツイン・ギタリストそれぞれのしなやかな指の動きから放たれる超絶フュージョンと激情のハードコアという二面性を時には融合し、そしてシフト・チェンジする日本を代表するテクニカル・インストゥルメンタル・バンドの6枚目。全てのアルバムがライヴ録音で製作されるこのバンドの熱量をしっかり封じ込めた最高の作品になりました。ライヴ・バンドだからこそ出せる押しと引きの間がが絶妙で変拍子になろうが、バランスが変わらないというのは流石としか言い様がない。(ディスクユニオン)

このアルバムで大活躍したのがMUSICMANの210 HD 130でした。10インチスピーカー2発、130ワットという意味です。
IMG_0829


今はライブシチュエーションでは少しお休みしていますが、この次のアルバムまでこの真空管アンプが大活躍してくれました。
お疲れさまでした。

<–スポンサード リンク–>

最近レコーディングで使っているギターとエフェクター

自分の場合メインワークであるNEXT ORDERやゲーム音楽、演劇とのコラボなど様々なシチュエーションで演奏しているのですが、スタイルによってエフェクターの組み合わせを変えることはありません。
少しずつ音源と共に紹介していきます。

<–スポンサード リンク–>

基本セッティング

10888756_721947714539929_7200410912623266120_n
歪みに関しては個人的にこだわっているポイントがあり、そのポイントを満たすエフェクターを探しているうちに現在のセッティングに行き着きました。
そのポイントとは音抜けが良いこと、音が太い事、そして価格が安い事です。
自宅で使うわけでなく、ライブなどでハードユーズするので、高価なエフェクターを一台大切に所有するより、安価なモデルをスペアを含めて何台も持っている方が現実的なのです。もちろん音質がよい事が条件ですが。

IMG_0744

この基本セッティングでは二つの歪みを使用しています。
一つはオーバードライブとしてのINFINITY ACTIVATORで、もう一つはZOOM505-IIなのですが、ZOOM505-IIは20年前位に生産されていたビギナー向けの安価なマルチエフェクターです。
このエフェクターのディストーションの音質が何故か異様にハイクオリティなので、最近2年ほどはこのディストーションしか使っていません。今回はこちらの紹介です。
505_ii-27500df9c7024f2a7621e53a98360441

こちらのリンクで改造方法も紹介しています。
ギター初心者セットのお手頃エフェクターを使いこなすミッション

NEXT ORDERでは最新ライブレコーディング作品「CHRONOSYSTEM」(2014年11月発売)でフルにこのエフェクターを使っています。いくつかの雑誌のレビューでもそのディストーションの音質が絶賛されています。

NEXT ORDERの動画もリンクしておきます。

ゲーム音楽のレコーディングでも、ここ数年はこのエフェクターばかりです。
最近では以下のゲームで使っています。

カードファイト!!ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!

カードファイト!! ヴァンガード ロック オン ビクトリー!!

アルカディアスの戦姫

このエフェクターの音質の雰囲気を伝えやすいようにリズムマシーンの上で適当にソロをとっています。この動画ではZOOM 505-IIのディストーションとディレイだけです。

高価なエフェクターでも安価なエフェクターでも最終的には自分の好みの音色が出ればそれでOKなのですが、自分の場合ZOOM 505-IIがちょうどフィットしていたみたいです。
どちらかというと高い機材ではやりの音をつくるより、安い機材を極限まで使いこなす所にロマンを感じてしまいます。

生産終了品が多いですが、ディレイやループ、ワウなど少しずつアップしていきます。